Investor Relations.
Direkt zum Inhalt springen
Welcome

  資金調達活動 

短期金融市場および資本市場における借入れ

OeKBは国内外の資本市場で、以下のような方法で資金調達を行っています。

  • 公募債の発行
  • 特定投資家向けオーダーメイド私募債
  • ミディアム・ターム・ノート(MTN)を使った仕組み債
  • 短期金融商品
  • ローンの利用

 
OeKBの各国通貨建ての負債ポートフォーリオは現在、 額面約300億ユーロ(約370億ドル相当)です。OeKBのポートフォーリオの約4分の3は長期債務で構成され、長期調達額は年間30-40億ユーロ(約40-50億ドル相当)です。

保証と格付け

OeKBが発行する債券にはオーストリア共和国による保証がついており、Moody’s とStandard & Poor’sはOeKBの長期債務にAaa/AA+(短期債務はそれぞれA-1+とP-1)の格付けを付与しています。またOKBはMoody’sからAaaの長期銀行預金格付けを取得しています。さらに当行の無保証FCDプログラム(短期仏国内プログラム)は格付け会社からA-1+/P-1の格付けを取得しています。

プライシングならびにポートフォーリオ管理

OeKBは個別案件のプライシングならびにデュレーションや通貨構成に関する戦略的ポートフォーリオ配分に最先端のソフトウエアと最適化アプローチを使用し、資産負債ポートフォーリオ管理に効率的な中長期的コスト、リスク管理戦略を採用しています。そのために多期間モンテカルロ・シミュレーションならびにマーコビッツ理論が適用されています。

デリバティブ/リスク政策

OeKBは調達水準の改善と、ポートフォーリオの構築とヘッジを目的に、スワップを中心としたデリバティブの運用を行っています。

 

OeKBはカウンターパーティーの信用力(最低格付け)、現在のエクスポージャーの監視(ISDAマスター合意書、 担保合意による信用補強)において厳格な内部ガイドラインを採用しています。

 

さらにOeKBはデリバティブに関する将来の潜在的市場ならびに信用エクスポージャーについての監視期間を標準的な10日間より長く設定しています。

 

OeKBの債券は輸出金融システムの中でのみ使用されます。OKBは今日までポートフォーリオの市場リスクならびに信用リスクの長期的評価のために統合モンテカルロ・シミュレーション・ソフトウエアを使用しています。

 

オーストリアが1995年に欧州連合に加盟して以来、 OeKBは銀行指令の適用を免除されており、自己資金の最低水準(必要最低資本額)と大口エクスポージャーに関する規制はOKBに適用されません(金融機関の事業に関する欧州議会および理事会指令(2006/48/EC)第2条)。

 



Contact

Investor Relations Service Center

Tel. +43 1 53127-2457

send e-mail
 
TOP