Investor Relations.
Direkt zum Inhalt springen
Welcome

  保証人と法的基盤 

1981年輸出金融保証法(Export Financing Guarantees Act 1981)

輸出金融スキームは1981年の輸出金融保証法に準拠して運営されます。

 

1981年の輸出金融保証法に従って、 OeKBが輸出取引のための資金を提供する目的で発生した借入れまたは借換えの元金および利息の支払いに対して、 財務大臣はオーストリア共和国による無条件の保証を発行する権限を持ちます。

オーストリア共和国による保証

輸出金融保証法に従って、オーストリア共和国は連邦財務大臣を通じてOKBの借り入れに対して無条件の保証を発行することができます。グローバル債券、ローン、そしてコマーシャル・ペーパー等の短期証券は全て同保証の対象になります。

保証の概要

「オーストリア共和国は、1981年輸出金融保証法(その後の修正も含む)に基づく保証付債務証券の元本、利息、(そして必要に応じて)追加利息について、期限どおりの支払いを無条件で保証するものである。そうした保証はオーストリア共和国の一般財源保証であり、かつその履行についてオーストリア共和国は全面的信頼と信用を誓約するものである。同法により、ある一定条件、とりわけ発行される保証付債務証券の元本限度額および金利上限に関する条件を満たす場合、オーストリア共和国には保証付債務証券の保証を行う権限が与えられている。」
(米目論見書からの抜粋)

輸出保証法

1981年の輸出保証法ならびに同法の実施を規定するために連邦財務大臣が発した1981年輸出保証令の規定に基づき、輸出保証の管理はオーストリア共和国代理人としてOeKBが行います。受益者および原契約は法的枠組みに明記されています。 保証人と保証保有者の契約上の関係は、輸出保証法に基づくオーストリア共和国の保証に関する「一般取引条件」ならびに個別保証の契約書の中に明記されています。



Contact

Investor Relations Service Center

Tel. +43 1 53127-2457

send e-mail
 
TOP